ここから本文です

住吉市民病院跡地問題 再び民間病院誘致へ

7/18(火) 19:26配信

毎日放送

 大阪市が今年度での閉鎖を決めている市立住吉市民病院。吉村洋文市長は18日現場を視察し、跡地に入る病院についてあらためて公募した上で8月中に決定する考えを示しました。

 大阪市の吉村市長は18日、来年3月末での閉鎖が決まっている住吉市民病院を訪れ、医療現場を視察しました。住吉市民病院をめぐっては、2キロ離れたところに大阪府立の病院があることから、橋下前市長が「二重行政」だとして閉鎖を決めました。

 市は跡地に民間病院の誘致を進めいったんは医療法人「三宝会」が運営する「南港病院」に決まりました。しかし今年5月、経営面の不安などから撤退を申し入れてきたため、市は民間病院の誘致を断念したのです。ところが市によりますと、今月になって病院建設に関心を示す医療法人が新たに出てきたため、市は再び誘致の方針に転換したということです。18日、初めて住吉市民病院を訪れた吉村市長は…

 「いま民間病院が1法人、手をあげているが、そこより素晴らしい提案があるかどうか、透明な手続きでやらなければならない。公募手続きをして、8月中には民間の病院については最終決定したい」(大阪市 吉村洋文市長)

 一方の医療法人側も18日午後、役員会を開くなど詰めの協議を進めていて、公募に名乗りを上げるかどうかは来週以降に決まる見通しです。

毎日放送

最終更新:7/18(火) 20:04
毎日放送