ここから本文です

文政権の「100大国政課題」あす発表 雇用創出など柱

7/18(火) 20:21配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の新政権で事実上の政権引き継ぎ委員会の役割を果たす「国政企画諮問委員会」が19日午後、青瓦台(大統領府)で「国政運営5カ年計画」を発表することが18日、分かった。発表には文在寅(ムン・ジェイン)大統領が出席し、国民に向けて自ら国政課題を紹介するという。

 同委員会は5月17日に発足し、60日にわたり活動した。「4大複合革新課題」と「20大国政運営戦略」、「100大国政運営課題」を選定し、今回の5カ年計画にまとめた。

 同委員会は4大複合革新課題として▼雇用経済戦略▼第4次産業革命をリードする革新創業国家戦略▼人口減少の解消▼中央と地方の均衡発展――を選定したと明らかにした。20大戦略と100大課題には、これを実現するための詳細な政策が盛り込まれる予定だ。

 ここには文政権が最優先課題に挙げる雇用創出から権力機関の改革まで、文大統領が大統領選で掲げた公約が網羅されるものとみられる。

 同委員会の金太年(キム・テニョン)副委員長は14日に行われた同委員会の解団式で、「国政企画諮問委員会が作った国政課題のロードマップが政府の航路を明らかにした」とし、「これで自信を持って進むことができるようになった」と評価した。

最終更新:7/18(火) 21:31
聯合ニュース