ここから本文です

民間超小型衛星、打ち上げ成功=ウェザーニューズ、北極海航行を支援

7/18(火) 15:45配信

時事通信

 民間気象会社ウェザーニューズ(千葉市)は18日、海氷を観測して北極海航路の安全運航を支援する超小型衛星「WNISAT―1R」の打ち上げに成功したと発表した。

 北極海航路は近年の温暖化で、夏季に東アジアと欧州を結ぶ航路としての利用価値が増大。安全運航に必要な海氷の観測データへの需要が高まっている。

 同社によると、衛星は14日午後、カザフスタン・バイコヌール宇宙基地からロシアのソユーズロケットで打ち上げられた。同日夜に衛星からの電波を受信し、正常動作を確認したという。

 衛星は同社などが開発した1辺約50センチの小型衛星で、可視光と近赤外線で観測する4台のカメラを搭載。ロシア北西部、カナダ、アラスカ沿岸など北極海航路で使われる海域の海氷を詳しく観測する。 

最終更新:7/18(火) 16:01
時事通信