ここから本文です

佐賀の女性写真家が「101人の妊婦裸写」 出版記念でイベント /佐賀

7/18(火) 19:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 佐賀市在住の写真家、やまぐちゆかさんが7月18日、写真集「101人の妊婦裸写」を出版した。これを記念したパーティーイベントが今月23日、佐賀市内の結婚式場「ザ・ゼニス」(佐賀市本庄町袋)で開かれる。(佐賀経済新聞)

写真集「101人の妊婦裸写」の表紙

 「写真を見た人が『フフッ』と笑顔になるように」との意味を込めた「Studio FF(スタジオ・フフ)」を主宰し、家族写真撮影会や写真教室などを開いてきたやまぐちさん。2011年に自身の第一子の死産を経験、「家族の幸せなシーンを写真に収める仕事は辛くてできなかった」と活動を休止していたが、再び妊娠し無事に長男を出産したことで改めて自身の職業と向き合い、命の尊さを写真で伝える使命を感じたという。2014年に「妊婦のためのママフォトグラファー」として活動を再開、初めての写真集出版を目指して妊娠中の女性やその家族を撮影、自身のSNSやブログで応援を呼び掛け、出版資金約180万円を集めた。

 出版記念パーティーはやまぐちさんが自ら企画した。「堅苦しい式典ではなく参加者全員が楽しめる『お祭り』のようにしたい」と、福岡を拠点に活動するゴスペルグループ「G.L.A.D.gospel singers(グラッド・ゴスペル・シンガーズ)」、佐賀県武雄市を拠点に活動する弾き語りユニット「ひさきょん」がそれぞれ歌と演奏を披露。「プチマルシェ」として手作り雑貨、菓子、占いなどを提供する十数組が出店するほか、ソフトドリンク飲み放題と同会場オリジナルのケーキを用意する。

 やまぐちさんは「念願の写真集を出版できてうれしい。今後も『命を伝える』をテーマとし妊婦写真を撮り続け、全国を回って写真展と講演会を開きたい。当日は、音楽を聴いたり買い物や飲食をしたりしながら思い思いに会場内を動き回って会話を楽しんでもらい、そこから参加者同士の新たな交流や仕事のきっかけが生まれたら」と話す。

 開催時間は13時~15時。参加費は1,000円。小学生以下無料。参加申し込みはインターネット「『101人の妊婦裸写』出版記念パーティー申し込みフォーム」で受け付ける。

みんなの経済新聞ネットワーク