ここから本文です

少女像は対象外=慰安婦造形物の管理条例―釜山市高官

7/18(火) 16:11配信

時事通信

 【ソウル時事】韓国釜山市のペク・スンヒ女性家族局長は17日、市が慰安婦に関連した造形物を管理できると規定した条例が成立したことについて、日本総領事館前の路上に設置された慰安婦を象徴する少女像とは「関係ない」と述べ、適用対象外との認識を示した。

 市議会で答弁した。

 条例は6月末に市議会で可決、成立した。8月にも施行される見込みで、市による少女像管理を可能にし、日本政府が求めている少女像撤去は一段と難しくなるとみられていた。しかし、市高官が適用対象外という認識を示したことで、条例による永久保存の可能性は低くなった。 

最終更新:7/18(火) 16:23
時事通信