ここから本文です

東大阪・若江岩田で児童向け職業体験イベント 「いらっしゃいませ」、元気よく /大阪

7/18(火) 19:40配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 近鉄奈良線・若江岩田駅前の東大阪市立男女共同参画センター「イコーラム」(東大阪市岩田町4)で7月16日、児童向け職業体験イベント「若江岩田きらり商店街 ぼくも、わたしもお店屋さん」が開かれた。主催は、若江岩田駅周辺の若手店主らで構成する「若江岩田きらりプロジェクト」。(東大阪経済新聞)

アナウンサー体験の様子

 イベントを通じて店や店主に接することで、地域商店街の新しい魅力を発掘してもらおうと企画した同イベントは今年で2回目。当日は朝から開場を待つ人が列をなし、にぎわいを見せた。

 会場では、「和菓子屋さん」「パン屋さん」「ケーキ屋さん」など、商店街に店舗を構える11店が出店。児童らが接客体験を行った。会場内ではチケット制で商品を販売し、来場者が児童から商品を購入した。アナウンサー体験ができるJ:COMブースでは、実際のアナウンサーの指導でリハーサルを行い、原稿を読みながらイベント会場の様子を紹介。友だちや家族らはテレビのように映し出したスタジオ外のモニターでその様子を楽しんだ。

 「アナウンサー体験では恥ずかしくて一言もしゃべられなかった」と話す4歳の女の子は、和菓子店のブースでは「マンゴーアイスどうですか」「ありがとうございました」と元気に接客。母親は「家でもよくお店屋さんごっこをしているが、一人っ子でいつもお客役は私と主人しかいないので今日は楽しいのでは」と、ひときわ大きな声で接客する娘を見守りほほ笑んでいた。「仕事」を終えた女の子は「お客さんがいっぱい来てくれてうれしかった。楽しかった」と笑顔を見せていた。

 会場入り口では、ゲームやクラフトハガキ作り、イベントスペースではご当地ヒーロー「瓢箪山戦隊ショウフウジャー」ショー、東大阪市のマスコットキャラクター「トライくん」、ZAQのキャラクター「ざっくぅ」なども登場して会場を盛り上げ、4時間のイベントに約700人が来場した。

みんなの経済新聞ネットワーク