ここから本文です

<イラン>大統領弟を保釈 「金銭に絡む犯罪」で拘束

7/18(火) 20:08配信

毎日新聞

 【カイロ篠田航一】イランのメディアは17日、「金銭に絡む犯罪」の容疑で司法当局に拘束されていたロウハニ大統領の弟のホセイン・フェレイドゥン大統領補佐官が体調不良を訴えて病院に搬送された後、保釈されたと伝えた。納付を命じられていた保証金を支払い、保釈が認められたという。

 フェレイドゥン氏は15日夜に拘束され、金銭に関係する容疑で取り調べを受けたと伝えられたが、容疑の詳細は不明。同氏はイランが2015年に欧米など主要6カ国と結んだ核合意の交渉に加わるなど、兄であるロウハニ師の側近として活動していた。一方で不正蓄財に関与したとの疑惑も取りざたされており、政治的にロウハニ師と対立する保守強硬派から批判されていた。

 ロウハニ師は5月の大統領選で、反米の保守強硬派候補らを破り再選を果たした。

最終更新:7/18(火) 20:08
毎日新聞