ここから本文です

世代交代まだ、ビッグ4の壁崩れず ウィンブルドン男子

7/18(火) 19:45配信

朝日新聞デジタル

 テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権は16日、幕を閉じた。男子シングルスでは、35歳のロジャー・フェデラー(スイス)が、単独最多となる5年ぶり8度目の優勝。オープン化後では最年長となる記録を打ち立てた。

 全仏王者のラファエル・ナダル(スペイン)は4回戦、世界ランク1位のアンディ・マリー(英)とノバク・ジョコビッチ(セルビア)は8強で姿を消した。だが、2003年大会から優勝を分かち合う、30代の「ビッグ4」にかわる王者はまたも現れなかった。

 強烈なサーブを武器に、4大大会で初の4強進出を果たしたサム・クエリー(米)ら光る存在もいるにはいたが、3回戦で敗れた27歳の錦織圭(日清食品)ら中堅以下はいま一つ振るわず。「彼らはほとんどの4大大会でハードルを高めている」。28歳のマリン・チリッチ(クロアチア)がフェデラーとの決勝前に語った通りの結末を迎えた。

 フェデラーは17日に発表された世界ランクで3位に浮上。ナダルに続き、今季最終戦のATPワールドツアー・ファイナルへの出場も決まった。世界ランクの1~4位はベテランの4人が独占。世代交代の波が訪れるのは、もう少し先になりそうだ。(富山正浩)

朝日新聞社