ここから本文です

<大相撲名古屋場所>白鵬1046勝目 単独2位

7/18(火) 20:14配信

毎日新聞

 大相撲名古屋場所10日目の18日、白鵬は千代翔馬を難なく退けて全勝を守り、通算1046勝目を挙げた。通算勝利数で並んでいた千代の富士を超えて単独2位となった。1位の魁皇の1047勝にもあと1勝に迫った。平幕の碧山は1敗を守った。2敗の高安は宇良を土俵際の投げで降し、新大関場所で勝ち越した。他に2敗は平幕の阿武咲と宝富士。日馬富士は幕内通算勝利数を697とし、旭天鵬に並ぶ歴代9位となった。

 ◇力士ひとこと

 ○阿武咲 (10日目での勝ち越しに)しっかり一日一番、集中していくだけ。

 ●貴景勝 (自己最高位で負け越し)まだまだ強くなる必要がある。

 ○御嶽海 (正代を出し投げで破り)自分があんな相撲が取れると思わなかった。

 ●千代翔馬 (白鵬に敗れ)先代の師匠の記録のことを考えて、硬くなってしまったかもしれない。

 ○日馬富士 (幕内通算勝利数が歴代9位タイに)切りの良い記録に名前を残せるというのは、うれしいというか、一生懸命やってきた結果だ。

最終更新:7/18(火) 21:01
毎日新聞