ここから本文です

<都市対抗野球>東海REX 延長十回、JR北海道ク降す

7/18(火) 20:43配信

毎日新聞

 社会人野球の第88回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は大会5日目の18日、東京ドームで1回戦3試合。第3試合はJR北海道ク(札幌市)と新日鉄住金東海REX(東海市)が対戦。投手戦となり両チーム無得点のまま延長戦に突入した試合は、新日鉄住金東海REXが延長十回に決勝点を挙げ、クラブチーム化の初年度で本大会出場を果たしたJR北海道クに競り勝った。東海REXの勝利は、新日鉄名古屋時代以来22年ぶり。

【写真で見る・JR北海道クvs新日鉄住金東海REX】熱戦の模様を写真で振り返る

○新日鉄住金東海REX(東海市)2-0JR北海道ク(札幌市)●(延長十回)

 新日鉄住金東海REXが投手戦を制した。0-0の延長十回2死一、二塁から浜口が中越えに2点適時三塁打を放ち、均衡を破った。先発・武石は低めに球を集めて7回6安打無失点。救援の九谷は3回をパーフェクトに抑えた。JR北海道クは好投の佐藤を打線が援護できなかった。

 新日鉄住金東海REX・中村淳監督 最後に浜口が決めてくれたのは精神力が強かったから。下位からよくつないでくれた。投手陣も100点満点。

 JR北海道ク・狐塚賢浩監督 クラブチームになり、練習が少なくなった中で選手はよく頑張ってくれた。(涙をハンカチで拭い)勝たせてやりたかった。

最終更新:7/18(火) 22:12
毎日新聞

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/26(水) 8:45