ここから本文です

岡田准一のストイックな一面を役所広司&東出昌大が明かす、「木刀持って走ってた」

7/18(火) 19:16配信

映画ナタリー

本日7月18日、「関ヶ原」の完成披露イベントが東京・アーバンドック ららぽーと豊洲 シーサイドデッキにて行われ、キャストの岡田准一、有村架純、平岳大、東出昌大、伊藤歩、滝藤賢一、西岡徳馬、役所広司、監督の原田眞人が出席した。

【写真】役所広司(他17枚)

本作は、司馬遼太郎の同名小説をもとに、石田三成率いる西軍と徳川家康が指揮する東軍が激突した関ヶ原の戦いを描いた時代劇。三成を岡田が演じ、天下取りの野望に燃える家康に役所、三成の部下で、彼に思いを寄せる女性の忍・初芽に有村が扮する。

原田は「岡田さんが三成を演じられる歳になるまでずーっと待ってたんです」とコメントすると、観客からは「おおー!」と歓声が飛ぶ。それを見た岡田はうれしそうにしながら「三成の評価が今後変わっていけばいいなと思います。三成公に喜んでもらえる役柄を演じますと誓って臨みました」と撮影を振り返る。

続いて「このたびV6に入ることになりました! 役所広司です!」と元気いっぱいに挨拶した役所は「岡田くんが汗水垂らして動き回って、新しい石田三成像を作り出しています」と岡田の演技を称賛し、「何度観ても新しい発見があるのがいい映画ですが、この作品はそういうものになっていると思います」と自信を覗かせる。原作ファンでもある東出は「1人ひとりの人物造形が細やかな映画。原作好きの方にも関ヶ原の映画はこれだ!って思ってもらえるものになったと思います。ベタ褒めですが……」とはにかみ、有村は「もう終わりなんだ!っていうくらいあっという間でした。合戦が始まってからは本当に圧倒されましたね」と完成した作品を観た感想を述べた。

イベントでは、本作にちなんでMCから「誰も知らない真実は?」と質問が。最初に回答することになった岡田は、共演者にまつわる話だと思ったようで「滝藤さんは原田さんに特別な思い入れがあって、尋常じゃないほど気合が入っていたんです」と話し始める。そして自身の真実を明かす必要があると知ったあとは「えっ、僕の? 自分で言うの?」と戸惑いの表情を見せた。

そんな岡田の姿を目にした東出は「僕、あります!」とすかさず立候補し、「(撮影終了後の)23時くらいに一緒になったときに、このあと何されるんですか?と聞いたら『帰ったらトレーニングかなあ』と言ってて。鉄人だなと思いました」とコメント。また役所は「前に一緒になったときは、夜中に木刀を持って1人で走ってましたね」と東出に続いて岡田のストイックな一面を明かして観客を驚かせる。それを受けて岡田は笑いながらも「(役所を)誘ったんですけど、いいやって断られて……」と悲しげにつぶやいた。

「関ヶ原」は8月26日より全国ロードショー。

※西岡徳馬の徳は旧字体が正式表記



(c)2017「関ヶ原」製作委員会

最終更新:7/18(火) 19:16
映画ナタリー