ここから本文です

豪雨被害額206億円=大分県

7/18(火) 18:19配信

時事通信

 大分県は18日、九州北部豪雨による県内の被害額は合計206億8100万円に上ると発表した。

 広瀬勝貞知事は同日、早期復旧のため10億7500万円の補正予算を専決処分した。

 被害額の内訳は、道路や河川など土木関係が162億6100万円、森林崩壊など農林水産関係が40億6500万円、宿泊予約キャンセルに伴う観光施設の損失など商工労働関係が3億5400万円。 

最終更新:7/18(火) 18:24
時事通信