ここから本文です

上西小百合議員「言いたくないことも言うのが政治家の資質」炎上問題で見解

7/18(火) 9:18配信

スポーツ報知

 浦和レッズのサポーターとSNS上で“バトル”を展開している上西小百合衆院議員(34)が17日放送の日テレ系「スッキリ!!」(月~金曜・前8時)のインタビューに応えた。

【写真】「ハイヒール」リンゴに逆ギレした上西議員

 上西議員は15日に浦和が2―3で逆転負けしたドルトムントとの親善試合について「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」とツイートし、浦和のサポーターから批判が集中。さらに「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」とツイートして“炎上”した。

 「スッキリ!!」の阿部祐二リポーター(58)のインタビューを受けた上西議員は「遊び」と表現したことについて「それは表現の方法だったんです。実際、ドルトムントは主力メンバーを出すことなく日本(浦和)は負けた。完全に感想です」と語った。

 批判を受けたことについて「ブスだとか豚だとか、どうしてこんなに誹謗中傷がくるのか、正直、カチンときました」と感情的になったことを認め、「炎上商法では?」との疑問には「私の心はカチンときて、燃え上がってましたけど、こんなことで炎上して得はないです」と否定した。

 さらに「言いたいことも、言いたくないことも言う。これが政治家の資質」「言わないことまで言うのが政治家としての信条」とした。インタビューのVTRを受けて、番組MCの加藤浩次(48)は絶句していた。

最終更新:7/18(火) 9:25
スポーツ報知