ここから本文です

イーオン、英会話学習にゲーム要素を取り入れた「英語でおもてなしガイド(VR対応)」配信決定

7/18(火) 18:46配信

Impress Watch

 イーオンは、同社初となるVR(バーチャル・リアリティ)に対応した英会話学習の新アプリ「英語でおもてなしガイド(VR対応)」を7月18日より配信する。利用料金は月額課金制で980円(税込)。7月、8月はキャンペーン価格をして600円(税込)で利用できる。お試し無料ダウンロードとして「chapter1」は無料で利用可能。

【この記事に関する別の画像を見る】

 「英語でおもてなしガイド(VR対応)」は、外国人観光客に対して英語で案内・おもてなしするシーンをVRによって再現し、没入感の高い仮想空間での疑似コミュニケーション体験を通じて英会話力の向上を図る学習アプリ。会話練習の祭、実際に会話の対象人物が目の前にいる臨場感を体験しながら学習することができる。全8chapter構成で9月から新コンテンツが毎月追加される。

 本アプリは制作協力にポケット・クエリーズを迎えてゲーム制作の知見を活かしているほか、ゲーム的な方法論を他の領域に生かす「ゲーミフィケーション」分野の第一人者である東京大学大学総合教育研究センター特任講師の藤本徹氏が監修を務めており、より高い学習効果が得られるコンテンツとして開発された。

 スマートフォンからアプリをダウンロードし、市販のヘッドマウントディスプレイを接続するだけで簡単に利用できるため、人前で英語を話すことに抵抗のある英会話学習者の第一歩としても活用できる。もちろんヘッドマウントディスプレイを使用せず、通常モードで活用することもできる。

■「英語でおもてなしガイド(VR対応)」について

 「英語でおもてなしガイド(VR対応)」では、外国人旅行者役やガイド役になりきって英語でコミュニケーションを行なうことにより、観光ガイドの実践的な英語力が養える内容となっている。受け答えの内容により、相手の反応やストーリー展開が変わっていく“マルチストーリー”を採用しているため、飽きずに繰り返し学習できるほか、臨機応変な英語でのコミュニケーションを学べる。

□主な特徴

 イーオンのLearning(知識)and Acquistion(体験)学習メソッド(L&A メソッド)に基づき、事前学習パートと会話学習パートの2部構成で展開。事前学習パートでは単語や文法、リスニング問題などを解くことで基礎英語力の向上を図り、会話学習パートでは、外国人旅行者役やガイド役の立場で英会話を練習できる。

【構成解説図】

【会話学習パート(Acquistion)】

 会話練習機能では登場する人物と会話の練習を行なう。スマートフォン等の録音機能を用いて自身の発音を録音し、聞き直すことができるほか、お手本の音声と録音した音声を聞き比べてネイティブな発音を学習できる。

 会話する相手はボランティアガイドまたは外国人観光客を選択可能。通常の相手とは異なる視点で会話の要点や流れを勉強、練習することができる。

【「Exercise」モード】

 「Exercise」モードでは、基本となる「Conversation」で登場する言葉の一部が入れ替わり、違う言葉を使って会話の応用力を養う。さらに「Practice」モードでは、相手役が外国人の場合、会話の途中で分岐が発生し、選択した英文によって結末が変化する。

【VRモード】

 VRモードは会話練習の「Conversation」、「Exercise」、「Practice」の3つの会話練習で利用できる。VRモードは画面中央に表示されている丸いアイコンに視線をあわせることで画面を操作する。VRモードにより、通常の学習よりも1対1で対話している感覚で学習ができ、より深く印象に残るため会話の早期習熟を促す。なお、VRモードには市販のヘッドマウントディスプレイが必要となる。

【VRモード】

【学習ログ】

 事前学習、会話学習に取り組むと進捗によってそれぞれの%ゲージ(達成率)が上昇する。%ゲージはそれぞれの取り組みの状況に応じてグラフに表示され、それに基づきおすすめの事前学習、会話練習が紹介される。

GAME Watch,緑里孝行(クラフル)

最終更新:7/18(火) 18:46
Impress Watch