ここから本文です

ピコ太郎、ニューヨーク国連総本部で大盛り上がりの誕生日「ミラクル満載な体験」

7/18(火) 20:52配信

お笑いナタリー

ピコ太郎が現地時間7月17日(日本時間18日)、ニューヨークの国連総本部で開催された日本政府主催の「SDGs」レセプションパーティに出席。約60カ国の国連幹部職員や各国代表職員ら300名を前に、「PPAP」の新バージョン「SDGs」を披露した。

【写真】左からビオッティ国連事務総長官房長、岸田文雄外相、ピコ太郎。(他6枚)

「SDGs(Sustainable Development Goals)」は持続可能な開発のために必要な「貧困をなくす」「持続可能な農業を推進する」「ジェンダーの平等を達成する」といった17の目標。ピコ太郎は、日本の外務省が掲げるSDGsのスローガンが「PPAP(Public Private Action for Partnership)」であることからSDGsのPR動画を制作している。

この日、誕生日を迎えたピコ太郎は「まさか国連総本部で、大きな会議の中に名前もPPAPも入れてくださって……。さらにレセプションパーティで大盛り上がりの誕生日なんて想像もしてなかったピコ! ミラクル満載な体験でしたピコ!!」と感激した様子だった。またタイムズスクエアなどを訪れると大勢の現地ファンに囲まれ、マディソン・スクエア・ガーデンでは「いつかここでライブをしたい」と大きな夢を語った。

最終更新:7/18(火) 20:52
お笑いナタリー