ここから本文です

阪神・岩貞が背信投球 今季最短3回6失点降板

7/18(火) 19:13配信

デイリースポーツ

 「阪神-広島」(18日、甲子園球場)

 阪神の先発・岩貞が3回7安打6失点で降板。二回、5安打を浴びて5点を失うなど、序盤からの乱調で三回の攻撃で代打を送られた。66球、今季最短降板となった。

【写真】岩貞、広島が苦手中の苦手だった

 課題にしてきた初回を3者凡退に抑えたが、続く二回だった。1死後、松山に中前打を浴びると、エルドレッドの右前打で一、三塁。安部の四球を挟んで、石原に中前適時打を浴びた。完全に打ち取った打球だったが、中堅への浅いフライは浜風で戻された。西岡が必死に追走して飛び込んだが、打球はグラブからこぼれ落ちた。

 さらに2死満塁から田中、菊池に連続適時二塁打を浴び、この回打者9人の猛攻を受けて5失点。序盤から大きなビハインドを背負った。さらに三回には先頭の鈴木に左前打を浴び、続く松山には左翼線を破る適時二塁打を許した。7ゲーム差で迎えた首位・広島との重要な一戦。4連勝のチームの勢いに水を差す背信投球となってしまった。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(日) 10:15