ここから本文です

名古屋テレビ塔が劇場に変身 ネイキッドプロデュースのイベント開催

7/18(火) 19:38配信

デイリースポーツ

 全国各地でプロジェクションマッピングをはじめとしたイベントを手がけているクリエイティブカンパニーのネイキッドが、今年の夏、名古屋テレビ塔とタッグを組んで新しい試みをスタートさせる。夏には花火や金魚、冬には星など、季節に合わせたプログラムを公開しているが、2017年夏は装い新たに演劇とコラボレーション。通算150万人以上の動員数を誇るアートワーク「FIREWORKS by NAKED」が初めて物語となって登場する。演出や出演協力を地元の劇団あおきりみかんが手がけ、新たなプロジェクトが開催される。

 テーマは天才学者である王子と姫の長きに渡る恋物語。展望台フロアの4面それぞれに、物語に合わせたプロジェクションマッピングが投影される。そして、そのひとつでは実際に王子と姫が登場して物語のクライマックスを盛り上げるショータイムが始まるという構成。展望台からの夜景、ファンタジーな世界を実現化させる映像、そして、キャストの演技が重なり、他にないロマンチックなイベントが実現した。

 内覧会には、名古屋テレビ塔の大澤和宏社長、ネイキッド代表の村松亮太郎さん、今回のイベントのディレクターを手がけた同じくネイキッドの平井健志朗さん、そしてキャストを演じる王子役の青木謙樹さん、姫役のほしあいめみさんが登壇。大澤社長からは「名駅エリアが急成長している今、名古屋の中心である栄はもっと元気であるべき。このイベントをきっかけに訪れてほしい」と熱い思いが伝えられた。

 また、王子役の青木さんからは「氷がテーマとなっているため、暑い夏の夜に涼みに来てください」とイベントの魅力が伝えられた。「氷の塔の眠り姫 FIREWORKS by NAKED」は10月22日(日)まで、名古屋テレビ塔の屋内展望台スカイデッキで開催される。