ここから本文です

「ありがとう、トニ・エルドマン」娘&父役キャストのインタビュー映像公開

7/18(火) 21:53配信

映画ナタリー

現在全国公開中の「ありがとう、トニ・エルドマン」のインタビュー映像がYouTubeにて公開された。

【写真】「ありがとう、トニ・エルドマン」ビジュアル(他8枚)

「恋愛社会学のススメ」のマーレン・アーデが監督を務めた本作は、悪ふざけが大好きな父親ヴィンフリートと、ワーカホリック気味の娘イネスの関係をユーモラスに描いたコメディ。第29回ヨーロッパ映画賞にて作品賞、監督賞、男優賞、女優賞、脚本賞の5部門を制したほか、多数の賞を獲得している。

約9分の映像には、イネス役のザンドラ・ヒュラーとヴィンフリート役のペーター・ジモニシェックが登場。アーデの演出についてヒュラーは「新しい演技を引き出すまで、監督は絶対にやめないの」、ジモニシェックは「仕事で関わる人には限界までやることを求める」とそれぞれにコメントする。またジモニシェックは「この作品が優れているのは、判断を押し付けてない点だ」と述懐している。



(c)Komplizen Film

最終更新:7/18(火) 21:53
映画ナタリー