ここから本文です

sora tob sakana3面スクリーンで彩った3周年記念ワンマン、持ち曲全23曲届ける

7/18(火) 22:12配信

音楽ナタリー

昨日7月17日に東京・WWW Xにてsora tob sakanaの結成3周年記念ワンマンライブ「星間線上のサカナ」が開催された。

【写真】sora tob sakana「星間線上のサカナ」東京・WWW X公演の様子。(写真提供:Zi:zoo)(他11枚)

グループの結成3周年を祝おうと会場には多くのファンが集まり、チケットはソールドアウト。4人は持ち曲の23曲すべてを2時間以上にわたってパフォーマンスし、ステージの後方とフロアの左右のスクリーンには楽曲に合わせた映像が映し出された。

オープニングSE「海に纏わる言葉」を経て、メンバーは「sora tob sakana、始めます」という呟きと共に「クラウチングスタート」でライブをスタートさせる。続く「タイムマシンにさよなら」では、寺口夏花がイントロで「今日は私たちと一緒に最高の1日にしましょう!」と観客に呼びかけた。3曲目にハイテンポな「新しい朝」を届けた4人は、今回のワンマンライブのチケットがソールドアウトしたことを改めて報告。ファンに感謝の気持ちを伝えた。

その後彼女たちは「Moon Swimming Weekender」や、これまでタイトル未定だったが今回新たに曲名が発表されたナンバー「秘密」を次々に披露。さらに2ndシングルの表題曲「魔法の言葉」、オーディエンスとコール&レスポンスを展開する「帰り道のワンダー」などでフロアの温度を高めていく。中盤のMCでは3年間の活動で印象的だった出来事が話され、神崎風花と山崎愛が遠征の思い出話で盛り上がると、寺口は「4年目はいっぱい遠征するっていう目標でいきましょう!」と宣言した。

ライブの後半では「My Notes」の曲中に「s、o、r、a、sora tob sakana!」というフレーズの掛け合いが繰り広げられ、会場が1つに。続けて4人は「tokyo sinewave」「広告の街」を畳み掛けるようにパフォーマンスした。歌とダンスで観客を魅了した彼女たちは、再び3年間の活動の思い出を話しだす。寺口は「初めてのワンマン、初めてのCDのリリース、初めてのMVとか、初めてのことが全部思い出」と語り、「次は初めての銀テープを飛ばしたい」と告白。「好きなアーティストさんやバンドさんに会えたことがうれしかった」と明かした風間玲マライカは、「ファンの人はできないじゃないですか」という発言で観客の笑いを誘った。

MCでファンを楽しませた4人な情緒的なサウンドの「透明な怪物」や、「夏の扉」を歌唱。「夜間飛行」では各メンバーによるソロダンスが繰り広げられ、場内からは歓声が沸き起こった。風間の「これからも上を目指してがんばります!」という叫びと共に1stシングルの表題曲「夜空を全部」でライブ本編を終えたメンバーは、アンコールに応えて再びステージに登場。初期のナンバーであるグループ初のオリジナル曲「DASH!!!!」を昨年のワンマンライブ以来約1年ぶりに披露すると、会場は興奮に包まれた。そして彼女たちはひと言ずつ今回の公演の感想を叫んだあと、「ribbon」で結成3周年記念ワンマンライブを締めくくった。

sora tob sakana「星間線上のサカナ」
2017年7月17日 WWW X セットリスト
00. 海に纏わる言葉
01. クラウチングスタート
02. タイムマシンにさよなら
03. 新しい朝
04. Moon Swimming Weekender
05. Summer Plan
06. 夢の盗賊
07. 秘密
08. 魔法の言葉
09. 帰り道のワンダー
10. ケサランパサラン
11. おやすみ
12. My Notes
13. tokyo sinewave
14. 広告の街
15. まぶしい
16. 透明な怪物
17. 夏の扉
18. Brand New Blue
19. 夜間飛行
20. 夜空を全部
<アンコール>
21. silver
22. DASH!!!!
23. ribbon

※神崎風花の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

最終更新:7/18(火) 22:12
音楽ナタリー