ここから本文です

元世界王者の真道が引退届提出へ=女子ボクシング

7/18(火) 20:07配信

時事通信

 世界ボクシング評議会(WBC)女子フライ級の元王者で、性同一性障害と向き合ってきた真道ゴー(30)=グリーンツダ=が近く日本ボクシングコミッション(JBC)に引退届を提出することが18日、分かった。

 関係者によると、真道はタイで性別適合手術を受けて成功。その後、戸籍(性別)を変更し、長年のパートナーだった一般女性と結婚した。

 真道は昨年6月、挑戦者として世界ボクシング機構(WBO)女子バンタム級タイトルマッチに臨み、チャンピオン(当時)の藤岡奈穂子(竹原&畑山)に判定負けした。 

最終更新:7/18(火) 20:11
時事通信