ここから本文です

日本、2大会連続の銅=チームTRでメダル1号―世界水泳シンクロ

7/18(火) 20:07配信

時事通信

 【ブダペスト時事】水泳の世界選手権第5日は18日、ブダペストで行われ、シンクロナイズドスイミングのチームテクニカルルーティン(TR)で、日本は93.1590点の3位となり、2大会連続の銅メダルを獲得した。今大会の日本勢メダル第1号。ロシアが優勝し、2位は中国。

 飛び込みは女子高飛び込み準決勝が行われ、リオデジャネイロ五輪8位の板橋美波(JSS宝塚)が12位となり、19日の決勝に進出。佐々木那奈(同)は予選で敗れた。

 オープンウオーター男子10キロの平井康翔(SBIホールディングス)は40位、野中大暉(日体大)は44位。

 水球女子の日本はオランダに8―20で破れ、1次リーグ2連敗となった。 

最終更新:7/19(水) 0:28
時事通信