ここから本文です

中日が連敗を4で止める 吉見が2勝目 巨人は打線が緊急登板で好投の高木勇を援護できず

7/18(火) 20:54配信

デイリースポーツ

 「中日6-1巨人」(18日、ナゴヤドーム)

 中日が連敗を5で止めた。

 先発の吉見は六回途中、身体の何からの不調を訴えてマウンドを降りたが、5回2/3を5安打1失点で2勝目(5敗)を挙げた。

 打線は四回に相手失策で先制すると、同点とされた五回には福田の2号ソロで勝ち越しに成功。六回にはゲレーロの24号2ランで加点し、八回には福田の適時打などで突き放した。

 巨人は先発予定だった山口俊が私生活でのトラブルから登板回避し、高木勇が先発。三回まで完全投球を披露するなど4回2/3を4安打2失点と踏ん張ったが、打線の援護がなかった。チームの連勝は5でストップした。

 4打数2安打2打点の福田は、20打席ぶりの安打が2号弾となり、「何とか食らいついていこうと思っていました。完璧に捉えられて、ただ角度が低かったのでどうかなと思いましたが入って良かった。チームの勝ちに貢献できるようにもっと頑張っていきます」とアピールしていた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(日) 17:15