ここから本文です

元日本王者・石本が再起戦にKO勝ち

7/18(火) 21:09配信

デイリースポーツ

 「ボクシング・10回戦」(18日、後楽園ホール)

 前日本スーパーバンタム級王者で同級4位の石本康隆(帝拳)が、ネルソン・ティナンパイ(フィリピン)を7回KOで下した。2月に久我勇作(ワタナベ)に2回TKO負けして王座陥落からの再起戦だった。

【写真】石本を2回TKOに葬りベルトを奪った久我勇作

 2回に偶然のバッティングで眉間をカットし流血した。これでやや動きが鈍り、ティナンパイの好戦的なファイトに押される場面もあった。だが、5回からワンツー、左ボディーを繰り出しペースを取り戻し、6回にも左ボディーを利かせた。

 7回は左ボディーからの右でダウンを奪い、さらに立ち上がった相手に左ボディーを食い込ませてとどめを刺した。「当たらなくてよかったです」と振り返ったものの、倒れた相手に無意識で右を打ち下ろす執念も見せた。「効いたパンチもあったし、危なかった。見せ場はあったと思う」と試合後は笑顔を見せた。

 ベルトを失い、一度は引退も考えた。「ジムに支えられてやらせてもらっています」と感謝する。35歳となったが、ボクシングへの意欲はまだまだ衰えを知らない。「今が一番モチベーションが高い。朝、走っていてもそうですし、もうやめろと言われるまで練習してます」と笑った。目標はもちろん、王座奪還だ。