ここから本文です

玉木宏、指揮者・近衛秀麿演じ「クラシックを改めて勉強し直しました」

7/18(火) 14:24配信

スポーツ報知

 俳優の玉木宏(37)が18日、都内でNHK―BSプレミアム「玉木宏 音楽サスペンス紀行 マエストロ・ヒデマロ 亡命オーケストラの謎」(29日午後8時)の取材会を行った。

 戦前のドイツを拠点に活躍した日本人指揮者・近衛秀麿。指揮者の顔を持つ一方、多くのユダヤ人を国外に脱出させた“もう一つの顔”があった。玉木がポーランド、ドイツなど欧州5か国を約3週間巡り、マエストロ・ヒデマロの解明に挑んだ。

 人気ドラマ「のだめカンタービレ」では指揮者・千秋真一役を好演。「その時にクラシックに触れたんですが、番組を通してクラシックに触れるのは、それ以来かな。改めて勉強し直しました。資料が正しいものだったか、たどっていくのは楽しかった」と話した。

 「自分の目で見て感じることが重要」と、現場に行くことの大切さを再確認した様子。「死に直面することもあった中で、危険を顧みず、人を助けようとする行為をしていたとしたら、日本人として誇らしい。人としてどう立ち回っていくか、という所まで考えさせられた。この旅に触れたことは財産になりました」と充実の表情をみせた。

最終更新:7/18(火) 14:24
スポーツ報知