ここから本文です

一時帰国中の平愛梨、一番好きなイタリア語はアモーレではなく…

7/18(火) 14:37配信

スポーツ報知

 女優の平愛梨(32)が18日、都内でサプリメント「美的ヌーボプレミアム」のアンバサダー就任イベントに出席。サッカー日本代表DFの長友佑都(30)=インテル=との結婚生活について語った。

 1月に結婚。一時帰国中の6月24日に都内で披露宴を行ったが、それ以来初となる公の場。「皆さんで挙げてくれた結婚式。改めて(結婚を)実感し、一緒に頑張ろうと。一生の愛を添え遂げたいと思いました」と幸せいっぱいの笑顔で語り、既に長友は合宿のため日本を発っているため「さみしいです」と素直に話した。

 「8月には(イタリアに)戻ると思います」と平。イタリアを拠点として「(どの国に行っても)その場が私の居場所」とニッコリ。イタリア語は日常会話程度なら話せると明かしたが、「一番好きなイタリア語は」と問われると、迷わず「リチェブータ・ペルファボーレ。領収書下さいと言う意味です」と答え、場内を笑わせた。

 結婚するまではお金の管理もしっかりしておらず、「前は領収書とかはガムを包んで捨てるくらいだったので」とあっけらかん。主婦として家計を預かる責任感が出たようで、「妹が(変わりように)びっくりしていました。『本当に妻になったんだね』と言われた」と明かした。

 サプリメントのアンバサダーに就任したが、これまでサプリメントを摂取したことが無く、母親とのルールで20歳まで炭酸も飲んだことが無かったという。「母が古風なので、(風邪をひいても)『飲み薬も飲んではいけません。食べ物で治しなさい』という人でした」。結婚した今は「嫁いだら、その色に染まりなさい」と母親も言っているそうで、サプリメントも“解禁”。「白米が大好きなんですが、野菜が苦手なので(栄養がとれている)安心感があります」と話していた。

最終更新:7/19(水) 1:09
スポーツ報知