ここから本文です

【北北海道】昨夏Vクラークが初戦敗退…投手陣9失点、ヒグマ打線沈黙

7/18(火) 14:57配信

スポーツ報知

◆全国高校野球選手権北北海道大会 ▽1回戦 白樺学園9―2クラーク(18日・旭川スタルヒン)

 昨夏優勝のクラークが初戦で姿を消した。

 先発の一戸優華(3年)ら3投手が計13安打を浴びて9失点。自慢の“ヒグマ打線”も白樺学園の左腕エース牧野憲伸(3年)を崩しきれず、7回の樺沢脩斗三塁手(3年)の左翼ソロなど2点止まりだった。佐々木啓司監督(61)は「総合的に相手の力が上だった」と攻守ともに力負けを認め、「思い切りのいい打撃など、昨年のウチを思い出す。白樺さんには、この勢いで甲子園まで行ってほしいね」と思いを託した。

最終更新:7/18(火) 19:50
スポーツ報知