ここから本文です

蓮佛美沙子、ヴィクトリア女王役で吹き替え初挑戦も悪戦苦闘「ここで逃げたらダメだ」

7/18(火) 17:41配信

スポーツ報知

 女優の蓮佛美沙子(26)が18日、都内で行われたNHKの海外ドラマ「ヴィクトリア 愛に生きる」(30日スタート、日曜・後11時)の試写会に出席した。

 大英帝国に63年にわたって君臨したヴィクトリア女王の声を担当。吹き替え初挑戦に「どこから手を付けていいか分からず、(デビューから)今までで一番難しかったですね」と悪戦苦闘を告白。「声だけの表現に苦手意識があったんです…。でも、ここで逃げたらダメだ、ヴィクトリアを生き抜くんだ、と覚悟を決めて演じさせていただきました」と話した。

 第1話の収録の1、2週間前に、スタジオで監督と模擬練習。「これはまずい、間に合わないと思った。そこから引きこもって、右手にずっとリモコンを持ったまま、巻き戻しと再生を繰り返した。自分の声をひたすら聞いていた」と明かした。

 特訓の成果もあってか、出来栄えには納得しているという。「自分の声の使い方、こんな声も出るんだというのが分かった。選択肢の幅が広がった気がした」と達成感をのぞかせた。

最終更新:7/18(火) 18:15
スポーツ報知