ここから本文です

【北北海道】旭川大高、延長13回の死闘制して4強一番乗り

7/18(火) 18:58配信

スポーツ報知

◆全国高校野球選手権北北海道大会 ▽1回戦 旭川大高6―5武修館(18日・旭川スタルヒン)

 旭川大高が3時間9分の死闘を制した。5―5で迎えた延長13回、四球とバント安打などを絡めて無死満塁の好機を作ると、7番・青木亮樹(よりき)遊撃手(2年)が勝ち越しスクイズを決めて、死闘にピリオドを打った。

 それでも試合後、端場雅治監督(48)は「走塁ミスがいくつかあった。それがちゃんとできていれば、もう少し楽に行けたのにね。粘りは褒められていいが、中身は褒められない」と、選手のさらなる奮起を求めていた。

最終更新:7/18(火) 19:48
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 13:00