ここから本文です

柴崎のヘタフェへ移籍を恩師が祝福「1部のチームに力を認められて行くのはすごく良かった」

7/18(火) 19:24配信

スポーツ報知

 青森山田高の黒田剛監督(47)が18日、スペイン1部ヘタフェへの移籍が決まった教え子の元日本代表MF柴崎岳(25)を祝福した。

 黒田監督は、この日からJ1神戸の練習参加したU―18日本代表で同校のMF郷家友太(3年)とともにクラブハウスを訪れた。この日の朝に柴崎から移籍決定の連絡があったことを明かし、「(前所属のテネリフェと)昇格争いをして1部に上がったところで可能性のあるチーム。しっかり実力を見た中で取ってくれたと思う。スペインはさらに上のチームがあるけど、そこに行くためのステップアップとしては、ちょうどいい感じのところじゃないか。1部のチームに力を認められて行くのはすごく良かった」と、自分のことのように喜んだ。

 黒田監督は柴崎の日本代表復帰にも期待した。「岳みたいな天才肌の選手は日本代表でも絶対に必要になってくると思う。逆に言うと、ああいう選手を日本代表で鍛えてほしい。呼ばざるを得ないような活躍をしてほしい。ああいう天才肌の選手が代表に入っていかないと、日本の将来は夢がなさ過ぎる。Jリーグでもなかなかいないし、バルセロナなんかに入っても、できると思う」と力説。誰よりも能力を分かっているからこそ、さらに飛躍することを信じていた。

最終更新:7/18(火) 19:24
スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1