ここから本文です

【NBA】P.ピアースがセルティックスと契約、古巣メンバーとして引退へ

7/18(火) 15:04配信

ISM

 2016-17シーズン限りでの現役引退を表明していたポール・ピアース(39)が現地17日、プロデビューから15シーズンを過ごしたボストン・セルティックスのメンバーとして引退するため、同球団と契約を結んだ。

 ピアースはセルティックスで、ケビン・ガーネット、レイ・アレンと“ビッグスリー”を形成し、2008年の優勝に貢献。昨季はロサンゼルス・クリッパーズに所属し、これがNBAでの最後のシーズンになると話していた。

 1998年ドラフト10位指名で入団して以来、15シーズンにわたりセルティックスでプレー。セルティックスのユニフォームを着た選手としては、ジョン・ハブリチェック氏の16シーズンに次ぐ歴代2位の在籍年数となる。

 ピアースは声明で、「再び自分のことをボストン・セルティックスの一員だと言える機会に恵まれたことを、大変光栄に思う」とコメント。同球団以外での引退は考えられなかったとし、「生涯セルティックスだ」と語った。

 ピアースはスリーポイントシュート成功数(1823)、フリースロー成功数(6434)、スティール数(1583)で球団歴代1位を記録。通算得点数はハブリチェック氏に次ぐ、球団歴代2位の2万4021得点を記録している。

 ピアースは、セルティックスでの15シーズンの後、2013年にブルックリン・ネッツにトレードされ、2014-15シーズンはワシントン・ウィザーズに所属。過去2シーズンはセルティックス時代の恩師であるドック・リバースHC率いるクリッパーズでプレーした。(STATS-AP)

最終更新:7/18(火) 15:04
ISM