ここから本文です

俳優・砂川啓介さん死去 80歳 「ドラえもん」大山のぶ代の夫

7/18(火) 13:37配信

オリコン

 俳優の砂川啓介さんが、尿管がんのため11日に亡くなったことが18日、わかった。80歳だった。「ドラえもん」の声などで知られる大山のぶ代(83)の夫で、近年は認知症で闘病している大山の介護を続けていた。所属事務所によると、通夜・告別式は密葬ですでに執り行われたという。

【写真】砂川啓介さん&大山のぶ代 自宅で撮影された夫婦2ショット

 砂川さんはNHK『おかあさんといっしょ』に初代「たいそうのおにいさん」として出演していたほか、映画『足摺岬』(1954年)、テレビドラマ『意地悪ばあさん』(読売テレビ版、67年)などで知られる。

 2015年5月にはTBSラジオ『大沢悠里のゆうゆうワイド』に出演し、大山の認知症を公表。同年、大山との介護生活をつづった『娘になった妻、のぶ代へ』を出版した。

最終更新:7/18(火) 16:51
オリコン