ここから本文です

ミュージカル「セーラームーン」最終章が9月上演、主演・野本ほたるが語る“セラミュー”への想い

7/18(火) 19:08配信

デビュー

 美少女戦士セーラームーンプロジェクトとして、2013年から上演され、好評を博しているミュージカル「美少女戦士セーラームーン」(セラミュー)が、この秋、ついに最終章を迎える。前作に続き、セーラームーン/月野うさぎ役を演じる野本ほたるが、オーディション&エンタメサイト『Deview/デビュー』のインタビューに応じ、9月に上演されるミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Le Mouvement Final- (ル ムヴマン フィナール)への想いを語った。

【写真】セラミューへの想いを語った「野本ほたる」全身写真

【ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」/野本ほたるインタビュー】

◆「“私の大好きなこのシーンはどんなふうに再現されるんだろう?”って今からワクワクしています」

――ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」の最終章、「-Le Mouvement Final-」の公演が9月に決定しました。ファンにとっても思い入れの深い“最後の戦い”に向けて、今はどんな心境ですか?

「早くお稽古に入りたい気持ちでいっぱいです! 前回の舞台が終わってからも、イベントだったりこういう取材だったりと何かしらの形で『セーラームーン』にはずっと関わっていられているんですが、やっぱり舞台公演は特別なので。原作コミックを読むと気持ちが高まりますね。ストーリーには忠実ですが、舞台ならではの演出も満載なので、“私の大好きなこのシーンはどんなふうに再現されるんだろう?”って今からワクワクしています」

――前回公演はセーラー5戦士が高校生になり、キャストが一新した初の公演でもありました。野本さんも前回公演からセーラームーン/月野うさぎを演じていますが、役が決まったときの気持ちはいかがでしたか?

「オーディションを受けて出演が決まったのですが、本当にまさか受かるとは思っていなかったんです。オーディションってわりと、一人ひとり受けることが多いじゃないですか。でもセラミューのオーディションは50人くらいが一緒に受けるので、他のセーラームーン候補の審査を見ることができたんです。その中には『あの子、すごくうさぎちゃんっぽい!』っていう子や、『いいお芝居するなあ』っていう子もたくさんいて、そうするといざ自分の番になったときに、ついつい引っ張られそうになるんですよね。そこで『いやいや、自分らしいお芝居をしなきゃ』って振り切ったりと、自分の中でせめぎ合いがいっぱいあったオーディションでした」

――これだけ人気のある作品とキャラクターだけに、生半可なものは見せられないというプレッシャーもあったのでは?

「そうですね。単純に最初は決めポーズの指に苦労しました。中指と薬指を曲げると一緒に小指まで曲がっちゃって。そこは矯正してできるようになりましたが、髪のなびき方や衣裳のひらめき方など、絵では表現できても生身では再現が難しいこともたくさんあるんですよね。でもみなさんが期待しているのは、コミックやアニメで大好きになったセーラームーンなわけだから、いかにその雰囲気に近づけられるか、家でも鏡を見ながらいろいろと研究しました」

――セラミューに加え、舞台「けものフレンズ」と人気作への出演が続いていますが、野本さんは小学1年生で児童劇団に入団して今年で20歳。このお仕事を続けていこうと決意した時のことを覚えていますか?

「はい。歌とダンスが大好きで児童劇団に入ってからは毎日が楽しくて、中2で初めて主演舞台をやらせていただいたときに『一生、舞台に立っていたい』と決めました。でも子役からだんだん大人になるにつれて、楽しさだけでなく厳しさや難しさを感じることも増えて、一時期は“この仕事、向いてないのかな”と悩んだこともありましたね」

――そのモチベーションは、どこから来ていたのでしょうか?

「今、努力している一つ一つのことを、他の誰が認めてくれなくても自分だけは信じてあげるしかないと思ってました。結局、今できないことが一瞬でできるようにはならないんですよね。『継続は力なり』と言いますけど、ひたすら練習するしかない。それがいざ役をいただいたときに一番のエネルギーになるんだってことに、セラミューの舞台に立って改めて思いました。今までやってきたことは無駄じゃなかったんだって思いました」

 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Le Mouvement Final- (ル ムヴマン フィナール)は、9月8日(金)~18日(月・祝)まで東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演。その後、愛知公演が9月23日(土・祝)、24日(日)までアイプラザ豊橋にて、大阪公演が9月29日(金)~10月1日(日)まで梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて上演される。

 なお、野本ほたるのインタビュー全文は、オーディション&エンタメサイト『Deview/デビュー』にて掲載中(下記リンク参照)。

【プロフィール】
野本ほたる
のもと・ほたる●2月20日生まれ、東京都出身。砂岡事務所所属。小1で劇団ひまわりに入団し、その後ドラマや映画、舞台等、様々なジャンルで活動。2016年10月・11月に上演されたミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Amour Eternal-で、セーラームーン/月野うさぎ役で出演。2018年1月に上演される舞台「けものフレンズ」再演に引き続き出演することが決定。

最終更新:7/18(火) 19:08
デビュー