ここから本文です

【函館2歳S】函館芝変化!注目馬はカシアス

7/18(火) 9:30配信

サンケイスポーツ

 6週間にわたる函館開催も今週がラスト。その締めくくりとなるのは、JRAで今年最初の2歳重賞となる函館2歳ステークス(23日、GIII、芝1200メートル)だ。今年の函館は開幕週にレコードが続出するなど好時計の決着が目立ったが、週を追うごとに傾向は変化している。サンケイスポーツの特別取材班は、その推移を入念にチェック。カシアスを注目馬に挙げた。

 函館スプリントSをはじめ、レコードラッシュだった開幕週から5週が経過し、関係者は「ようやく函館らしくなってきた」と口をそろえる。ここにきて、時計のかかる洋芝のイメージに戻ってきた函館。この変化は函館2歳Sを攻略するうえで重要なファクターだ。

 最も参考となるのは、毎週組まれている古馬500万下だ。開幕週でエリシェヴァがマークした1分7秒5から、徐々に時計がかかっていき、先週15日のドゥモワゼルが勝ったレースは1分9秒2。実に1秒7の差があり、開幕週と5週目では大きな違いがある。開催前半の好時計をうのみにはできない。

 サンプルとして分かりやすいのは、ミスドバウィだ。エリシェヴァが勝った開幕週のレースで、2番手追走から伸びを欠いて4着に敗れた後に連勝。1分7秒台の競馬では追走に苦労したが、1分8秒台後半の決着になるや、昇級の壁も突破した。開催が進めば進むほど、スピードよりも重厚な走りが求められる。

 そこで、注目したいのがカシアスだ。開幕週のデビュー戦(2着)ではナンヨープランタンの切れ味に屈したが、中1週で臨んだ2戦目に、1分9秒4(持ち時計で今回のメンバーでは最速)で3馬身1/2差の圧勝劇。Aコース開催4週のうち、比較的時計がかかった3週目だったにもかかわらず、新馬戦の走破時計を0秒4も詰めたのは、力の要る馬場への適性があるからこそだろう。

 担当の吉田助手も「前走は体が引き締まって、反応も良かった。馬混みにもひるまない精神力があって、体もタフ。今のところ、特に言うことはありません」と自信の表情。臨戦態勢にも不安はない。芝コースの変化から浮かび上がってきたカシアスが、世代最初の重賞タイトルに最も近い存在といえそうだ。 (函館特別取材班)

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ