ここから本文です

【中京記念】ブラックムーン、尾張で始まる成り上がりストーリー

7/18(火) 9:30配信

サンケイスポーツ

 夏の中京競馬最終週のメインレースは、サマーマイルシリーズ第1戦の中京記念。微妙なハンデの差もあって混戦模様だが、注目は、前走の米子Sをコースレコードで制したブラックムーンだ。休養で心身が充実し、持ち前の末脚に磨きがかかって本格化。4度目の重賞挑戦で、待望の初タイトルをつかみ取る。

 夏を迎え、タイトル奪取への思いが、さらに熱くなる。前走でコースレコードVのブラックムーンが、4度目の重賞チャレンジ。西浦調教師の言葉に力が入る。

 「前走は強い勝ち方だったね。しっかりと走れるようになって、完成度が上がってきている。ここでどれだけやれるのか。楽しみだね」

 前走の米子Sは、覚醒を予感させる一戦だった。緩い流れで4コーナーでは最後方追走も、上がり3ハロン32秒4の豪脚で鮮やかな大外一気。1分31秒9のコースレコードをたたき出し、本格化ムードだ。

 思い切った春シーズンの休養が功を奏した。年明けの京都金杯9着、続く東京新聞杯も8着に敗退。トレーナーは「京都金杯は、自分の競馬ができなかった。その影響もあって、東京新聞杯では戸惑って走っていた」と振り返る。精神面のダメージをリセットするために休養入り。その効果で、体質面も強化されて戻ってきたのだ。

 指揮官は「以前はトモが甘くて、走りがぶれる面があった。今はそういう面が解消して、真っすぐ走れるようになったね」と目を細める。12日の1週前追いでは、6ハロン78秒5とCWコースの一番時計をマーク。充実ぶりが際立っている。

 西浦調教師は「サマーマイルシリーズを戦って、秋もマイル路線で暮れの香港(国際競走)も視野に入れている。よくなってきたときに最高の結果を得られるように、うまくチャンスを作ってあげたい」と意気込む。

 今回のメンバー相手にハンデ57キロは楽ではないが、世界を見据える以上、乗り越えなければならない。ブラックムーンが、まずは自慢の末脚で初の重賞タイトルを手に入れる。 (川端亮平)

★絶好調チーム

 ブラックムーンのM・デムーロ騎手は16日の中京メイン・名鉄杯をオウケンワールドでV。西浦調教師も同日の福島メイン・バーデンバーデンCをフミノムーンで制した。また、生産者の北海道日高町・タバタファームは、17日の交流GIIIマーキュリーCをミツバでV。馬主のヒムロックレーシングも福島で2週連続勝利と、チーム全体が勢いに乗っている。

★展望

 実績馬が多く、上位陣のハンデ差はわずか。接戦ムードだが、米子Sの勝ち方が圧巻だったブラックムーンが主役を務める。決め手に磨きがかかり、今なら57キロで重賞のメンバーでも勝機は十分だ。グランシルクも安定感は抜群。ここに入ると56キロのハンデも有利に映る。トップハンデ58キロのワンアンドオンリーは、騎手の進言で距離を短縮。一変の可能性もありそうだ。勢いに乗るウインガニオン、マイルが得意のグァンチャーレ、堅実なマイネルアウラートなども注目したい。

■サマーマイルシリーズ

 芝1600メートルの重賞3戦を舞台に獲得したポイントで優勝を争う。1勝&12ポイント以上獲得が優勝の最低条件。同点の場合は、それぞれ優勝。優勝馬主に2400万円、厩舎関係者に600万円が贈られる。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ