ここから本文です

玉木宏がNHKBSプレミアム番組でクラシック音楽に触れる フジ系「のだめカンタービレ」以来

7/18(火) 14:34配信

サンケイスポーツ

 俳優、玉木宏(37)が18日、東京・渋谷のNHKでナビゲーターを務めたBSプレミアム「玉木宏 音楽サスペンス紀行 マエストロ・ヒデマロ 亡命オーケストラの謎」(29日後8・0)の会見を行った。第二次世界大戦下のヨーロッパでナチス・ドイツ支配下の国々から多くのユダヤ人を脱出させて命を救った日本人指揮者、近衛秀麿氏(1898-1973)の足跡をたどるドキュメンタリー。5月中旬から約3週間、ドイツ、ポーランドなど4カ国を回り、近衛氏の遺族やゆかりの生存者にインタビューしてきた。

 玉木は「当時、ドイツ側とみられた日本人の近衛さんが行った人助けは、日本人として誇らしいと思います」と率直な感想。「音楽家としてすばらしい音楽や音楽の才能をも守ろうとしたのでは。たった一人ではできないことなので、多くの人脈(支援者)に愛された人だったのだと思います」と振り返った。

 クラシック音楽に仕事を通して本格的に触れるのは、エリート音大生役で上野樹里とともに主演したフジテレビ系「のだめカンタービレ」(2006年)以来。「改めてクラシック音楽を学び直しました」と感慨深そうだった。

 またこの番組に関連し、BSプレミアムではカトパンことフリーアナウンサー、加藤綾子がNHKで初MCを務める「今夜はとことん!ピアノと日本人」(26日後7・30)なども放送される。