ここから本文です

阪神は五回を終えて0-8と大量リードされる

7/18(火) 20:09配信

サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、阪神-広島、13回戦、18日、甲子園)2位・阪神は五回までに大量8点のリードを奪われた。二回に先発・岩貞が一死満塁とピンチを招くと、広島・石原に中前ポテン適時打を浴び、先制点を献上した。なおも二死満塁から田中、菊池に連続2点打を浴び、この回5点を失った。

 岩貞は三回にも松山の適時二塁打で失点すると、この回限りで降板。四回には2番手・岩崎が登板したが、丸の適時打など2点を失い五回終わって8点のリードを奪われた。

 打線は広島・大瀬良の前に五回まで3安打と無得点。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 16:40