ここから本文です

壇蜜さん観光PR動画 奥山恵美子・仙台市長「配慮に欠ける」 村井嘉浩・宮城県知事「おかげでアクセス急増」

7/18(火) 13:30配信

産経新聞

 タレントの壇蜜さんが出演する宮城県制作の観光PR動画の内容をめぐり、仙台市の奥山恵美子市長は18日の定例記者会見で「配慮に欠ける。女性が見て素直に受け止められない」と県にくぎを刺した。

【写真で見る】 亀の頭をなでて微笑む壇蜜さん 「上乗ってもいいですか」

 奥山市長は動画を見たとした上で「男女共同参画の視点からはやや配慮に欠ける部分があった」と指摘。市長自身が、観光PRを担当する「仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会」の「会長職代理者」であるとして、「観光動画の作成ではあまりにも県に任せすぎていたと反省している」と語った。その上で「来年度以降、(台本などの)協議をしたいとの意向も含め、動画が品位に欠けるといわれてもやむを得ないと県に伝えたい」と述べた。

 一方、宮城県の村井嘉浩知事は、16日に参加した仙台市長選(23日投開票)の立候補者の個人演説会で、今回の観光PR動画について、「(過去に)資料を作ったら『こんなの誰も見ない』というから面白いの作ろうと思って作ったら、『いやらしい』と(言われる)」と有権者の笑いを誘った。その上で「でもおかげさまで(閲覧数が)120万アクセス増えました」と強調した。

 議論になっているのは、県や仙台市などが展開する観光キャンペーン「仙台・宮城『伊達な旅』夏キャンペーン2017」のPR動画。「浦島太郎」をモチーフにしており、壇蜜さん演じる「お蜜」が、仙台・宮城観光PRキャラクターの「むすび丸」を「竜宮城」ならぬ「涼・宮城(りょうぐうじょう)」に連れて行くという内容だ。

 動画の中には、壇蜜さんの唇のアップとともに「宮城、行っちゃう」「肉汁トロットロ、牛のし・た」「え、おかわり? もう、欲しがりなんですから」など扇情的なせりふが使われている。また、亀のアニメーションの頭をなでて「上乗ってもいいですか」のせりふの後に亀が大きくなるといったような描写もある。最後は壇蜜さんの唇のアップと「あっという間にイケちゃう…」という言葉で締めくくられている。

最終更新:7/18(火) 16:10
産経新聞