ここから本文です

日野原さん、両陛下とも交流深く

7/18(火) 14:07配信

産経新聞

 18日に亡くなった日野原重明さんは天皇、皇后両陛下とも長年にわたり交流を重ねてきた。

 平成17年の文化勲章親授式では、天皇陛下から文化勲章を手渡され、日野原さんが受章者代表として、あいさつ。18年には春の園遊会に招かれ、陛下と皇后さまをはじめとする皇族方と親しく懇談していた。

 最近では昨年7月、日野原さんがプロデュースした韓国出身のテノール歌手、ベー・チェチョルさんのコンサートを、皇后さまがご鑑賞。皇后さまは、甲状腺がんを克服したべーさんが「愛の賛歌」などを熱唱するのに耳を傾け、さかんに拍手を送られた。退席時には日野原さんと抱き合い、あいさつを交わされる場面もあった。

 皇族方との関係も深かった。18年3月、皇太子妃雅子さまが聖路加国際病院小児総合医療センターを視察された際には、日野原さんが先導役を務めた。

 昨年10月、100歳で薨去(こうきょ)した三笠宮さまも聖路加国際病院で長年治療を受けられた。宮内庁によると、日野原さんは三笠宮さまに主治医を紹介するなど親しい関係にあったという。

最終更新:7/18(火) 14:07
産経新聞