ここから本文です

WBA王者・田口「いい内容で結果出す」 23日に6度目防衛戦 ボクシング

7/18(火) 18:00配信

産経新聞

 ボクシングのダブル世界タイトルマッチ(23日、東京・大田区総合体育館)で6度目の防衛戦に臨む世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王者の田口良一(ワタナベ)が18日、都内の所属ジムで練習を公開し、「いい内容で結果を出したい。自分が主導権を握る展開に持っていきたい」と決意を述べた。

 同級1位のロベルト・バレラ(コロンビア)の挑戦を受ける。右構えから左構えに移行する難敵に備え、対サウスポーを中心にこなしたスパーリングは約90ラウンド。田口は「状態にムラがあったが、最高潮に上がってきている。100%に近い」と自信を示した。

 勝てば世界ボクシング機構(WBO)同級王者の田中恒成(畑中)との王座統一戦が現実味を帯びるが、「負けたら元も子もない。今はバレラ戦に集中している」と気を引き締めた。

最終更新:7/18(火) 18:00
産経新聞