ここから本文です

自衛官が同僚の携帯型ゲーム機やソフト盗んで売却 懲戒免職 空自小牧基地

7/18(火) 18:49配信

東海テレビ

東海テレビ

 航空自衛隊小牧基地の男性隊員が、基地内で同僚の携帯型ゲーム機などを盗んだなどとして懲戒免職となりました。

 懲戒免職となったのは小牧基地の20代の男性1等空士で、今年4月、基地内の居住区で、同僚の隊員の携帯型ゲーム機やソフトなど2万円相当を盗み、リサイクルショップで売却したということです。

 また今年3月から4月にかけ、基地の備品のプリンターのインクカードリッジ2セットや、同僚隊員の携帯型スピーカーを盗んでいました。

 調べに対し、一等空士はゲーム機などを盗んだことを認めていて、小牧基地の警務隊は近く窃盗の疑いで、名古屋地検に書類送検する方針です。

 小牧基地の尾崎義典基地司令は「今後さらなる厳正な規律の維持に努めこのような事案が再び起きることのないよう努めていく」とコメントしています。

東海テレビ

最終更新:7/18(火) 20:14
東海テレビ