ここから本文です

決算後のファストリ株が急落! 日経平均は小幅続伸

7/18(火) 7:10配信

投信1

株式市場の振り返り-日経平均株価は小幅続伸、売買代金は3日連続で2兆円割れ

2017年7月14日(金)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

 ・日経平均株価 20,118円(+19円、+0.1%) 小幅続伸
 ・TOPIX 1,625.4(+6.3、+0.4%) 3日ぶり反発
 ・東証マザーズ総合指数 1,172.8(▲4.7、▲0.4%) 3日続落
東証1部上場銘柄の概況

 ・値上がり銘柄数:1,241、値下がり銘柄数:635、変わらず:147
 ・値上がり業種数:27、値下がり業種数:6
 ・年初来高値更新銘柄数:115、年初来安値更新銘柄数:9
東証1部の出来高は20億4,329万株、売買代金は1兆9,863億円(概算)となりました。出来高は前日より大幅増加となりましたが、売買代金は横ばいでした。

しかし、ミニSQ算出に伴う嵩上げが一定量あったことを勘案すると、実質的には厳しい薄商いが続いたと見ることができます。なお、売買代金が3日連続で2兆円を下回ったのは、今年3月13~15日以来となる約4カ月ぶりです。売り材料にも買い材料にも乏しかったと言えましょう。

そのような中、日経平均株価は寄り付きから高く、その直後には一時+63円高まで上昇する場面が見られました。ただ、その後は上値が重くなり、前場の半ばには一時+2円高まで上げ幅を縮小しました。結局、小幅続伸となり、20,100円台をかろうじて回復して終わっています。

なお、TOPIXも同じような値動きでしたが、取引時間中には年初来高値を更新するなど、日経平均株価より上昇率が大きくなりました。

東証マザーズ総合指数は3日続落、売買代金は38日連続の1,000億円超

東証マザーズの出来高は7,616万株、売買代金は1,171億円となり、いずれも前日から減少しました。売買代金は38日連続の1,000億円超を維持しましたが、出来高は大幅減少になるなど、盛り上がりに欠けた商いだったと言えます。

また、総合指数も3日続落となり、1,200ポイント回復に向けて足踏み状態が続いています。個人投資家の資金流入が戻ってくるのか、今後の動向が注目されます。

1/2ページ

最終更新:7/18(火) 12:50
投信1

チャート

ファナック6954
22665円、前日比+460円 - 7/21(金) 15:00

チャート

ダイキン工業6367
11825円、前日比+50円 - 7/21(金) 15:00

チャート

日東電工6988
9909円、前日比-16円 - 7/21(金) 15:00