ここから本文です

クオーレ・ド・オペラ八戸公演、代役にソプラノ内田智子さん

7/18(火) 8:30配信

デーリー東北新聞社

 8月27日に八戸市公会堂で開催されるクオーレ・ド・オペラ「マスカーニ歌劇 カヴァレリア・ルスティカーナ」(デーリー東北新聞社主催)で、出演予定者が降板したことに伴い、代役に青森県八戸市出身のソプラノ内田智子さんが起用されることが、16日までに決まった。

 クオーレ・ド・オペラは、オーケストラや合唱、衣装などを極限までシンプルにし、“オペラの神髄”を意識した舞台をつくりあげる。「オペラの心」とも表現され、東北で開催されるのは今回の八戸公演が初めて。

 内田さんが代役するのは、主人公の男性が昔から思いを寄せる人妻・ローラ。ルクレツィア・ドレイさんが演じる予定だったが、本人の事情により来日できなくなったという。内田さんは、ローラ役を東京公演で演じることになっていることから起用された。

 内田さんは県立八戸東高卒。八戸公演について「ローラのような女性を演じるのは大きな挑戦。これまでと違った自分の一面を地元でアピールできたらうれしい」と話している。

 チケットはデーリー東北チケットセンターなどで販売中。問い合わせは同センター=電話0178(73)2882=(午前10時~午後5時、日・祝日除く)へ。

デーリー東北新聞社