ここから本文です

埼玉県と第一生命 包括連携協定を締結

7/18(火) 19:11配信

テレ玉

県と第一生命は18日、健康増進や少子化対策を中心とした13の項目で連携するとした包括連携協定を結びました。

18日は第一生命の稲垣精二社長が県庁を訪れ、上田知事とともに協定書に署名しました。

県と第一生命は2009年に「がん啓発」に関する協定を結ぶなど連携してきましたが、今回の包括連携協定では健康増進に関することや教育・文化・スポーツ振興に関することなど13の項目が盛り込まれました。健康増進の分野では少子化対策の一環として第一生命やグループ会社が持つ営業拠点と顧客のネットワークを生かし県内在住の成人男女を対象に妊娠や出産、不妊に関する意識調査を行って県の施策に活かしていきます。

また、県内中小企業のビジネスチャンスを広げようと県や埼玉りそな銀行と連携してことし10月に「ビジネス交流会」を開くということです。

テレ玉

最終更新:7/18(火) 19:11
テレ玉