ここから本文です

【九州豪雨】り災証明書交付の現地調査はじまる

7/18(火) 16:46配信

九州朝日放送

九州朝日放送

朝倉市の一部の地区でり災証明書交付のための現地調査が始まりました。
現地調査は、17日朝から朝倉市の蜷城地区と高木地区の住宅など約10世帯について行われています。
税金の減免や被災者支援金などを受けるため必要となるり災証明書は、全壊など被害が大きい場合は18日から発行を始める予定で、申請者本人への郵送や、朝倉市役所での受け渡しによって発行されます。
朝倉市税務課の担当者は「まだり災申請をされてない方もいらっしゃると思います。
どこかの段階でやって頂くと調査に伺います」19日からは、福岡県内の各市町村からの応援部隊も調査に加わり、朝倉市は8月上旬をめどに調査を終えたいとしています。

最終更新:7/18(火) 16:46
九州朝日放送