ここから本文です

障害者施設車内放置事故 埼玉県職員が施設に立ち入り調査

7/18(火) 19:07配信

テレ玉

上尾市の障害者施設で利用者の19歳の男性が送迎用の車内に放置され熱中症の疑いで死亡した事故で、県は18日、2回目となる施設への立ち入り調査を行いました。

事故は7月12日、上尾市戸崎の障害者施設「コスモス・アース」で、利用者だった知的障害がある19歳の男性が送迎用の車内におよそ6時間にわたって取り残され、熱中症の疑いで死亡したものです。

施設にはこれまでに県や県警が立ち入り、家宅捜索や管理者への聞き取りを行っていますが、18日は県の福祉監査課と障害者支援課の職員4人が立ち入り調査を行いました。

県福祉監査課によりますと、事故当日に施設内にいた職員に対して利用者の所在の確認方法などについて聞き取りを行ったということです。県では今後、事故当日の状況の把握に努めるほか、他の施設に対する注意喚起についても検討していきたいとしています。

テレ玉

最終更新:7/18(火) 19:07
テレ玉