ここから本文です

柳井・山口ゆめ花博の花苗準備

7/18(火) 21:16配信

tysテレビ山口

来年9月から開かれる「山口ゆめ花博」で会場に飾る花の準備が進んでいます。サルビアの苗、およそ2万8000本です。
種を植えてからおよそ20日たった状態で、これから小中学校などに配られます。「ゆめ花博」の会場には県内の児童生徒らが育てたサルビアとマリーゴールドが飾られることになっています。苗は、来年の本番に向けて今シーズン試しに育ててもらおうと栽培マニュアルとともにおよそ100校に届けられます。
県花き振興センターの河村佳枝専門研究員は「暑い時期になるので水管理をしっかり気をつけてやってもらいたい」と話していました。
「山口ゆめ花博」は明治150年プロジェクトの中核イベントとして来年9月14日から52日間、山口市の山口きらら博記念公園で開催されます。全体で68万本の花が植え付けられる予定で、花き振興センターでは、花の農家が育てる花なども試作で栽培しています。