ここから本文です

自画撮り被害を防ぐために

7/18(火) 18:52配信

テレビ高知

テレビ高知

中高生の児童ポルノ被害を防ごうと、高知県警などが高知市でチラシを配って注意を呼びかけました。

登校中の生徒に注意を呼びかけたのは県警の警察官や高知市少年補導センターの職員らです。県警によりますとスマートフォンが普及したことで、SNSなどを通じて自分で撮影した自分の身体の写真が不特定多数の人にまで広がっていくなどの自画撮り被害にあう児童生徒が増加傾向にあります。きょうは7月の青少年の非行・被害防止月間に合わせてJR高知駅と入明駅で注意を呼びかけました。

県警によりますと、去年の全国の児童ポルノ事件の被害者はおよそ1300人でその4割が自画撮りによる被害だということです。県警は「スマートフォンの使い方には充分注意して欲しい」と話しています。

最終更新:7/18(火) 18:52
テレビ高知