ここから本文です

晋平太 フリースタイル・ラップの極意「一番深く刺さったやつを返す」

7/18(火) 20:01配信

TOKYO FM+

ラッパーの晋平太さんが、7月17日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのとーやま校長とあしざわ教頭が、ラッパーを目指したきっかけや先日配信がスタートした楽曲「主人公」について聞きました。

――「フリースタイルダンジョン」(テレビ朝日系列)で、番組史上初制覇!

とーやま校長「反響はいかがですか?」

晋平太「手のひらを返したかのような(笑)。同級生からLINEも超来ましたし、やっぱりみんなテレビを見ているんだなって思いました」

とーやま校長「何か生活が変わったりしましたか?」

晋平太「これから徐々にモテ出すんじゃないかと(笑)」

とーやま校長「やっぱりモテたいってことなんですか?」

晋平太「モテたいです(笑)」

――ラップを始めたきっかけは?

とーやま校長「晋平太先生は、いくつの時にラップを始められたんですか?」

晋平太「ラップを聴き始めたのは15歳で、やり始めたのは18歳くらいですね。最初は学校の友達が教えてくれて、『俺にもできそうだな』って思って授業中に曲を書いてましたね」

とーやま校長「その時は、どんなアーティストを聴かれていたんですか?」

晋平太「Zeebraさんとか、BUDDHA BRANDとかを聴いていました。だから、今一緒に番組で共演出来ているのがめちゃくちゃ感慨深いですね。何度会っても緊張します」

とーやま校長「いつくらいから、ラッパーで食っていくぞと思ったんですか?」

晋平太「18歳くらいからラップでスターになりたいなって思ってましたけどね。なかなか思うようにいかず、今34歳ですけど30歳くらいまで郵便局の社員をしていましたよ」

とーやま校長「え? その傍ら、ラップの活動を色んなところでやられていたんですね」

晋平太「(バトルで)勝てるようになったり、稼げるようになったりしたので、“辞めちまえー!”ってなって(笑)。僕が配りたいのは郵便じゃないです! 届けたいのは郵便じゃないです! ラップです!! って言って辞めましたね」

あしざわ教頭「ドラマの1シーンのような(笑)」

とーやま校長「そして、フリースタイルラップの本『フリースタイル・ラップの教科書 MCバトルはじめの一歩』も出されていますよね。例えばラップの効能に『異性にモテる』『友達ができる』って書いてあったり、『度胸がつく』『タフになれる』とかも書いてあります」

晋平太「ディスられまくるんで、受け入れていくしかないなっていうね」

とーやま校長「フリースタイルダンジョンを見ていて、“なんでこんなに言われなきゃいけないんだろう”って泣きそうになる時があるんですよ」

晋平太「僕もそう思います(笑)。1回目のディスりはやっぱりどんなことでもきついんですよ。でも、2回目になると“それ、聞いたことある”ってなって慣れてくるんです。(ラップバトルは)その1回目を探して言うっていう(笑)」

とーやま校長「メンタルをやられる時もあるけど、それでも返さなきゃいけないわけじゃないですか」

晋平太「一番深く刺さったやつを返さないと絶対に負けるんで」

あしざわ教頭「すごい戦いだ! しかも、それを瞬時に言うっていうのが難しいですよね」

とーやま校長「そういった極意とかも、この本にはたくさん書かれているんですね」

――楽曲「主人公」が、7月11日に配信スタート!

とーやま校長「この曲も誰かに向けて届けていると思うんですけど、どこか自分自身を奮い立たせて歌っていたりするのかなって思ったんです」

晋平太「もちろんそうですね。僕の人生は僕が頑張らないと、誰も頑張ってくれないじゃないですか。リスナーの子の人生を応援する事は出来ても、実際に頑張るのはお前しかいないよっていうのを日々思っていて。
なんでそんな曲を作ったかというと、『俺は好きにやるから文句言うんじゃねぇ!』ってことが言いたかったんです。でもそれをそのまま言ってもしょうがないんで、オブラートに包んでメッセージ風にしてみました」

あしざわ教頭「僕、晋平太先生がラップをする様子とかをテレビで見させていただいて、言葉は強いんですけど、どこかに相手に対するリスペクトがあるなぁって感じるんです」

晋平太「僕だけじゃなくて、みんながいないと成り立たないじゃないですか。アンパンマンがいて、バイキンマンがいるって言うのが理想なんじゃないかなって思うんです。ヒップホップもいろんな奴がやっているので、みんなそれぞれに役割がありみんな主人公でしょっていう事ですよね」

最終更新:7/18(火) 20:01
TOKYO FM+