ここから本文です

初めてポケモンを観たワクワクを再体験! ポケモン映画20作目が満足度第1位

7/18(火) 18:00配信

ぴあ映画生活

「ぴあ」調査による2017年7月14日、15日のぴあ映画初日満足度ランキングは、シリーズ20作目の『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』がトップに輝いた。出口調査では子供たちから人気を集める一方で、20代・30代の観客からも「感動した」「初めてポケモンを観たワクワクをまた感じた」などの声が寄せられた

その他の写真

“ポケモン映画”第1作目が公開されたのは1998年で、近年は“2世代”で映画を楽しむ観客が増えているが、20作目の公開劇場も「小学生のときに観ていた」「小さいときから観ている」と話す大人の観客の姿が多く、出口調査では「ゲームでホウオウをゲットできなかったことなど、子供の頃の思い出などがよみがえってきて胸が熱くなった」「子供のときから観ているので、ポケモンは自分の中ではまさに友達!といった感じで、懐かしかった」「ピカチュウはいつもこんなことを考えていたんだと感慨深くなった」など熱いコメントが多く寄せられた。

一方、子供からも好評で「テレビよりも伝説のポケモンがいっぱい出てくるから楽しかった」「マーシャドーがカッコイイ!」「ピカチュウが戦っているところがよかった」「今まで観たポケモン映画の中で一番感動した!」「ポケモンを思うサトシの気持ちがすごい!」という声が集まっており、最新作はこれまで以上に、ずっとポケモンを観てきた、久々にポケモンを観にきたすべての世代を魅了する作品になっているようだ。

第2位は、ディズニー/ピクサーの最新作『カーズ/クロスロード』。ベテランの年齢に差し掛かった人気レーサー、マックィーンが想像もしなかったアクシデントに立ち向かう中で自身の“これから”について考え迷うドラマが丁寧に描かれた作品で、上映後の劇場には「ストーリー展開がグッとくるものがあった」「1作目の意志を引き継いでいる」「マックィーンの“人生”というような作品」「彼らがレーサー人生をどう考え、どう行動していくのかを観て、自分自身のことも考えた」など、自身と主人公マックィーンを重ね合わせる観客が多く見られた。

(本ランキングは、7/14(金)、7/15(土)に公開された新作映画11本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

最終更新:7/18(火) 18:00
ぴあ映画生活