ここから本文です

【ブラジル】商業者の景況感悪化 背景に政治危機

7/18(火) 1:39配信

サンパウロ新聞

 一部の業界からは「大きな打撃はない」との声も聞かれるが、テメル大統領が絡む現在の政治的危機はブラジルの商業者らの景況感にやはりマイナスの影響を与えている。

 ジェツリオ・バルガス財団(FGV)が6月27日発表した2017年6月の商業者信頼感指数(Icom)は、前の月の水準を2.9ポイント下回るものだった。

 同日付伯メディアによるとFGVは声明で「6月の商業の信頼感の低下は(大統領の不正疑惑が持ち上がった)5月17日以降の不確実性の増大に強く影響されたものだ。しかしそれ以外に、現在の需要レベルに関する企業各社の捉え方の悪化も見られ、各社が現在の景気をあまり良くないと読んでいることを示唆している」と指摘している。

サンパウロ新聞

最終更新:7/18(火) 1:39
サンパウロ新聞